img4_ezawa

在校生の声
服飾デザイン科 A ファッションデザインコース
江澤 聖良 |Seira Ezawa

「存分に自分の技術や知識を磨くことができます」
1年目で服飾の基礎を勉強し、2年目は実習を主に行っています。実習では服のデザインから製作、演出に至るまで自分で体験できます。これらは当校の魅力の一つです。そしてファッションショーのモデル経験ができ、服を創る事以外にもスタイル画やテキスタイルが学べます。ソーイングが苦手な人でも楽しく勉強でき、存分に自分の技術や知識を磨くことができます。


img4_hagieara

卒業生の声
服飾デザイン科 A ファッションデザインコース
萩原 一恭 |Kazuyasu Hagiwara
株式会社Sevfs 就職

「会社経営を経験しながら規模を拡大していくのが目標です」
前職で共に業務をしていた上司と共にSevfs(シーブス) という新たな会社を設立し現在に至っています。OEM・ODM中心に企画・生産を請け負っている2年目の小規模な会社ですが、通常業務に加えて貿易等の業務等もこなし、会社経営の難しさ等、新たな経験もできています。徐々に軌道に乗り始めていますので、今は規模を拡大していくのが目標です。


img5_dochi

在校生の声
服飾デザイン科 B ファッションビジネスコース
堂地 玲奈 |Rena Dochi

「グローバルな環境でファッションの勉強ができます」
ファッションコーディネートからブランド企画、販売など幅広く学んでいます。衣裳の制作では理論だけではわからない洋服の構成を理解できるので、販売の現場に立つ時自分の強みになると思います。学校の雰囲気はとても明るく賑やかです。留学生も多いのでグローバルな環境でファッションの勉強ができるのもこの学校ならではだと思います。


img5_onizawa

卒業生の声
服飾デザイン科 B ファッションビジネスコース
鬼澤 里奈 |Rina Onizawa
株式会社クロスカンパニー 勤務

「店長になることを目指して 頑張っています」
先生達が生徒一人一人をしっかり見てくれているので、わからない事をわからないままにする事がありません。今現在は、店長になることを目標として頑張っています。アルバイトや研修の時には任せてもらえなかった仕事を任せてもらえるようになり、まだまだ上手くいかない事の方が多いですが、その都度、優しい上司の方々にご指摘を頂き日々成長を感じられます。


img7_sotugyo

卒業生の声
国際ビジネス科
ラマ・バサンタ 
(株)大将軍

「アットホームで面倒見がよい先生が揃っています」
日本は勤勉で真面目なイメージですが、瀧澤学園は「良い意味で」真面目で勤勉なところとユーモアや面白みのバランスが取れている学校でした。学校生活でいちばん感じたのは、アットホームで面倒見がよい先生が揃っているということです。親身になっていろいろなことに相談に乗ってくれて、卒業後のことはもちろん、学生でいる時も日本の社会に馴染むためのことをたくさん教えてくれました。だから、卒業したあとでも遊びに行きたくなる、そんな学校です。